治療費は平均どれぐらい?

真性包茎の費用の相場

真性包茎やカントン包茎などは、健康保険が適用されることが多くなっています。そのため、手術費用のうち、サラリーマンの場合で、3割だけを自己負担することになりますね。一般的な病院の泌尿器科で、真性包茎(まったく剥けない状態)の手術をした場合、手術費用のトータルが10万円から15万円のあいだですから、自己負担額はその3割ということになり、3万円から4.5万円と思っておけばよいでしょう。 もちろん、患者一人一人によって、真性包茎の症状もさまざまですので、詳しいことはクリニックのお医者さんに相談してみるのが確実です。 また、真性包茎か仮性包茎か、自分で判断がつかない場合もありますよね。真性か仮性かによって、平均費用も大きく変わってくるので、まずはきちんと医師に診てもらうことが大切ですよね。

仮性包茎の手術費用の相場

さて、仮性包茎の手術費用については、真性包茎とは違って、原則として、健康保険の適用はありません。そのため、手術費用は全額自己負担額になると考えてよいでしょう。 仮性包茎の場合は、病院の泌尿器科だけでなく、美容整形外科でも手術を行っているところが多いので、その分選択肢が広がっています。いろいろな医療機関を選べるのですが、手術費用にもかなりバラツキがあります。 3万円から5万円という破格の手術費用でやってもらったという患者もいれば、30万円支払ったという患者もいます。平均すると、20万円前後かかったという患者が多いようです。自由診療なので、病院の設備や立地条件などによって、手術に要するコストが変わってくるので、仕方がないですね。