治療法の種類はどんなものがあるの?

包皮を切除して亀頭に縫う手術!

包茎手術には様々な種類があるのですが、その中でも効果的だと言われている手術は、亀頭直下縫合手術と言われるものです。 亀頭を覆っている状態を、包茎というのですが、その覆っている皮を切除することによって治療を行っていく手術です。本来では、切除するだけで治療を終わることもあるのですが、この治療は、亀頭のすぐ下に皮を縫い付けることによって、包茎を改善することができるのです。 この手術は、包茎手術をしたということが第三者から分からない治療ですので、行っても恥ずかしくありませんよ。非常に便利な治療であり、多くの人が行っていることもあって、信頼されている治療ですので、包茎に悩んでいる人は、この治療を行ってみるとよいでしょう。

バックカット手術とは?

包茎には様々な種類があるのですが、これは仮性包茎の人が行う包茎手術です。 バックカット手術と呼ばれる手術方法なのですが、ペニスの皮が緩んでしまっている状態で、包茎になっているという人を対象にした治療であり、限界まで皮を手繰り寄せて根元で皮の長さを調整していきます。そして、余った皮を切除することによって行う包茎手術です。 非常に簡単に行うことができる包茎手術でもあり、包茎をしたとバレない包茎手術ですので便利です。自然なペニスになるために、特に問題はありません。 また、包茎手術は変色してしまうということも考えられるのですが、このバックカット手術に関しては特に変色を気にせずに行うことができる治療ですので安心できますね。